無料 PCDRA 問題集

GoShiken は PCDRA 試験「Palo Alto Networks Certified Detection and Remediation Analyst」のサンプル問題を無料で提供しています。購入する前、弊社の模擬試験画面や問題のクオリティー、使いやすさを事前に体験できます。

Palo Alto Networks Certified Detection and Remediation Analyst: PCDRA 試験


「Palo Alto Networks Certified Detection and Remediation Analyst」、PCDRA試験であります、認定でございます。 最適な問題と解答をまとめられて、GoShiken はお客様のPCDRA試験に計 0 問をまとめてご用意いたしました。PCDRA試験の集結内容には、認定にあるエリアとカテゴリの全てをカバーしており、お客様の Palo Alto Networks Certified Detection and Remediation Analyst 試験認定合格の準備を手助けをお届けします。

  • 試験コード: PCDRA
  • 試験名称: Palo Alto Networks Certified Detection and Remediation Analyst
  • 問題と解答: 0
  • 認証ベンダー:
  • 対応認証:
  • 最近更新時間: 2021-06-09

PCDRA 試験問題集はまだリリースされません。お客様はこの試験に参加する必要があれば、オンラインサポートと連絡します。あるいは、メールで予定します。弊社は是非全力を尽くして早く PCDRA 試験問題集を手に入れます。

PCDRA オンライン版


  • 学習を簡単に、便利オンラインツール
  • インスタントオンラインアクセス
  • すべてのWebブラウザをサポート
  • いつでもオンラインで練習
  • テスト履歴と性能レビュー
  • Windows/Mac/Android/iOSなどをサポート

価格:¥1000

デモをダウンロードする

PCDRA ソフト版


  • インストール可能なソフトウェア応用
  • 本番の試験環境をシミュレート
  • 人にPCDRA試験の自信をもたせる
  • MSシステムをサポート
  • 練習用の2つモード
  • いつでもオフラインで練習

価格:¥0

デモをダウンロードする

PCDRA PDF版


  • 印刷可能なPCDRA PDF版
  • 専門家による準備
  • インスタントダウンロード
  • いつでもどこでも勉強
  • 365日無料アップデート
  • PCDRA無料PDFデモをご利用

価格:¥0

デモをダウンロードする

PCDRA 認定試験の出題範囲:

トピック出題範囲
トピック 1
  • Identify the use of malware prevention modules (MPMs)
  • Identify the profiles that must be configured for malware prevention
トピック 2
  • Define product modules that help identify threats
  • Summarize the generally available references for vulnerabilities
トピック 3
  • Define communication options
  • channels to and from the client
  • Distinguish between different proxies
トピック 4
  • Outline distributing and scheduling capabilities of Cortex XDR
  • Identify the information needed for a given audience
トピック 5
  • Outline how Cortex XDR ingests other non-Palo Alto Networks data sources
  • Describe how to use the Broker to activate Pathfinder
トピック 6
  • Identify the connection of analytic detection capabilities to MITRE
  • List the options to highlight or suppress incidents
トピック 7
  • Characterize the differences between incidents and alerts
  • Identify the investigation capabilities of Cortex XDR
トピック 8
  • Distinguish between automatic vs. manual remediations
  • Describe how to fix false positives
  • Describe basic remediation
トピック 9
  • Differentiate between exploits and malware
  • Outline ransomware threats
  • Recognize the different types of attacks
トピック 10
  • Identify legitimate threats (true positives) vs. illegitimate threats (false positives)
  • Outline incident collaboration and management using XDR
トピック 11
  • Describe how to use XDR to prevent supply chain attacks
  • Categorize the types and structures of vulnerabilities
トピック 12
  • Describe how to use the Broker as a proxy between the agents and XDR in the Cloud
  • Describe details of the ingestion methods
トピック 13
  • Identify common investigation screens and processes
  • Describe what actions can be performed using the live terminal

0 お客様のコメント最新のコメント 「一部の類似なコメント・古いコメントは隠されています」

メッセージを送る

お客様のメールアドレスは公開されません。必要な部分に * が付きます。

関連製品