無料 SPLK-1002 問題集

GoShiken は SPLK-1002 試験「Splunk Core Certified Power User Exam」のサンプル問題を無料で提供しています。購入する前、弊社の模擬試験画面や問題のクオリティー、使いやすさを事前に体験できます。

Splunk Core Certified Power User Exam: SPLK-1002 試験


「Splunk Core Certified Power User Exam」、SPLK-1002試験であります、認定でございます。 最適な問題と解答をまとめられて、GoShiken はお客様のSPLK-1002試験に計 0 問をまとめてご用意いたしました。SPLK-1002試験の集結内容には、認定にあるエリアとカテゴリの全てをカバーしており、お客様の Splunk Core Certified Power User Exam 試験認定合格の準備を手助けをお届けします。

  • 試験コード: SPLK-1002
  • 試験名称: Splunk Core Certified Power User Exam
  • 問題と解答: 0
  • 認証ベンダー:
  • 対応認証:
  • 最近更新時間: 2021-06-09
SPLK-1002日本語版クリック」

SPLK-1002 試験問題集はまだリリースされません。お客様はこの試験に参加する必要があれば、オンラインサポートと連絡します。あるいは、メールで予定します。弊社は是非全力を尽くして早く SPLK-1002 試験問題集を手に入れます。

SPLK-1002 オンライン版


  • 学習を簡単に、便利オンラインツール
  • インスタントオンラインアクセス
  • すべてのWebブラウザをサポート
  • いつでもオンラインで練習
  • テスト履歴と性能レビュー
  • Windows/Mac/Android/iOSなどをサポート

価格:¥1000

デモをダウンロードする

SPLK-1002 ソフト版


  • インストール可能なソフトウェア応用
  • 本番の試験環境をシミュレート
  • 人にSPLK-1002試験の自信をもたせる
  • MSシステムをサポート
  • 練習用の2つモード
  • いつでもオフラインで練習

価格:¥0

デモをダウンロードする

SPLK-1002 PDF版


  • 印刷可能なSPLK-1002 PDF版
  • 専門家による準備
  • インスタントダウンロード
  • いつでもどこでも勉強
  • 365日無料アップデート
  • SPLK-1002無料PDFデモをご利用

価格:¥0

デモをダウンロードする

SPLK-1002 認定試験の出題範囲:

トピック出題範囲
トピック 1
  • Creating Data Models
  • Describe the Relationship Between Data Models and Pivot
  • Identify Data Model Attributes
  • Create a Data Model
トピック 2
  • Using Transforming Commands for Visualizations
  • Use the Chart Command
  • Use the Timechart Command
トピック 3
  • Using the Common Information Model
  • List the Knowledge Objects Included with the Splunk CIM Add-On
  • Use the CIM Add-On to Normalize data
トピック 4
  • Correlating Events
  • Identify Transactions
  • Group Events Using Fields
  • Group Events Using Fields and Time
トピック 5
  • Creating Tags and Event Types
  • Create and Use Tags
  • Describe Event Types and Their Uses
  • Create an Event Type
トピック 6
  • Creating and Using Macros
  • Describe Macros
  • Create and Use a Basic Macro
  • Define Arguments and Variables for a Macro
  • Add and Use Arguments with a Macro
トピック 7
  • Search with Transactions
  • Report on Transactions
  • Determine When to Use Transactions vs. Stats
トピック 8
  • Creating Field Aliases and Calculated Fields
  • Describe, Create, and Use Field Aliases
  • Describe, Create, and Use Calculated Fields
トピック 9
  • Creating and Managing Fields
  • Perform Regex Field Extractions Using the Field Extractor
  • Perform Delimiter Field Extractions Using the FX
トピック 10
  • Filtering and Formatting Results
  • The Eval Command
  • Use the Search and where Commands to Filter Results
  • The Fillnull Command

0 お客様のコメント最新のコメント 「一部の類似なコメント・古いコメントは隠されています」

メッセージを送る

お客様のメールアドレスは公開されません。必要な部分に * が付きます。

関連製品