無料 SPLK-1002日本語 問題集

GoShiken は SPLK-1002日本語 試験「Splunk Core Certified Power User Exam (SPLK-1002日本語版)」のサンプル問題を無料で提供しています。購入する前、弊社の模擬試験画面や問題のクオリティー、使いやすさを事前に体験できます。

Splunk Core Certified Power User Exam (SPLK-1002日本語版): SPLK-1002 試験


「Splunk Core Certified Power User Exam (SPLK-1002日本語版)」、SPLK-1002試験であります、認定でございます。 最適な問題と解答をまとめられて、GoShiken はお客様のSPLK-1002試験に計 0 問をまとめてご用意いたしました。SPLK-1002試験の集結内容には、認定にあるエリアとカテゴリの全てをカバーしており、お客様の Splunk Core Certified Power User Exam (SPLK-1002日本語版) 試験認定合格の準備を手助けをお届けします。

  • 試験コード: SPLK-1002
  • 試験名称: Splunk Core Certified Power User Exam (SPLK-1002日本語版)
  • 問題と解答: 0
  • 認証ベンダー:
  • 対応認証:
  • 最近更新時間: 2020-06-24
ヒント:SPLK-1002日本語問題集をご購入になったら英語版問題集をおまけにさしあげます。

弊社はぜひ全力を尽くして SPLK-1002日本語 試験問題集をお客様に提供いたします。もしお客様は SPLK-1002日本語 試験問題集に興味を持たれば、お客様のメールアドレスを書いていただきます。もしあれば、弊社はすぐお客様に通知いたします。

SPLK-1002 オンライン版


  • 学習を簡単に、便利オンラインツール
  • インスタントオンラインアクセス
  • すべてのWebブラウザをサポート
  • いつでもオンラインで練習
  • テスト履歴と性能レビュー
  • Windows/Mac/Android/iOSなどをサポート

価格:¥1888

デモをダウンロードする

SPLK-1002 ソフト版


  • インストール可能なソフトウェア応用
  • 本番の試験環境をシミュレート
  • 人にSPLK-1002日本語試験の自信をもたせる
  • MSシステムをサポート
  • 練習用の2つモード
  • いつでもオフラインで練習

価格:¥888

デモをダウンロードする

SPLK-1002 PDF版


  • 印刷可能なSPLK-1002日本語 PDF版
  • 専門家による準備
  • インスタントダウンロード
  • いつでもどこでも勉強
  • 365日無料アップデート
  • SPLK-1002日本語無料PDFデモをご利用

価格:¥888

デモをダウンロードする

SPLK-1002日本語 認定試験の出題範囲:

トピック出題範囲
トピック 1
  • Creating and Managing Fields
  • Perform Regex Field Extractions Using the Field Extractor
  • Perform Delimiter Field Extractions Using the FX
トピック 2
  • Creating and Using Macros
  • Describe Macros
  • Create and Use a Basic Macro
  • Define Arguments and Variables for a Macro
  • Add and Use Arguments with a Macro
トピック 3
  • Creating Tags and Event Types
  • Create and Use Tags
  • Describe Event Types and Their Uses
  • Create an Event Type
トピック 4
  • Creating Data Models
  • Describe the Relationship Between Data Models and Pivot
  • Identify Data Model Attributes
  • Create a Data Model
トピック 5
  • Search with Transactions
  • Report on Transactions
  • Determine When to Use Transactions vs. Stats
トピック 6
  • Filtering and Formatting Results
  • The Eval Command
  • Use the Search and where Commands to Filter Results
  • The Fillnull Command
トピック 7
  • Using the Common Information Model
  • List the Knowledge Objects Included with the Splunk CIM Add-On
  • Use the CIM Add-On to Normalize data
トピック 8
  • Creating Field Aliases and Calculated Fields
  • Describe, Create, and Use Field Aliases
  • Describe, Create, and Use Calculated Fields

0 お客様のコメント最新のコメント 「一部の類似なコメント・古いコメントは隠されています」

メッセージを送る

お客様のメールアドレスは公開されません。必要な部分に * が付きます。

関連製品